不動産資産の有効活用

資産のポートフォリオを考えるときに、どの程度を不動産に割り当てるべきかという点については、状況によります。よく言われるのが資産の3分の1を不動産、残りをそれぞれ現金資産と株や債権という組み合わせですが、資産全体のボリュームによっては必ずしも当てはまりません。

一般的には、資産全体のボリュームがある程度の大きさになってはじめて不動産資産の取得を考えれば良いといわれています。

具体的には3千万円をひとつの目安として、それ以下の不動産資産は、長期的なポートフォリオとしては資金効率が悪いといわれています。
一方で、3千万円以上の資産ボリュームのステージでは、逆に現預金の資金効率の悪さが、ポートフォリオのパフォーマンスを悪化させるので、積極的に不動産投資を検討すべきというのが広くいわれている戦略です。上記の戦略では、だいたい資産総額が1億円を超えるくらいのステージからは、ポートフォリオに不動産を組み込んだほうが良いという考え方になります。


たしかに3千万円くらいの物件というと、ちょうどマイホームとしてそれなりの価値を認められるクラスになりますので、それ以下の市場価値であれば長期的な資金効率の面からリスクが高いと考えられますし、逆にその水準を超えれば、安定資産としてのひとつの選択基準になるといえます。

投資全般について言えば、長期運用が複利のパワーを活用できるので、最強の戦略ということになります。

そこで長期運用に耐えられるクラスの物件というフィルタをかければ、おのずと線引きできるのが、およそ3千万円というのは、現実的な納得感という点でも非常に妥当な線といえます。

つまり、多くの人にとって、長期的な価値の対象となりうるかどうかという視点で不動産資産の評価を行う必要があります。

以上のような視点から、投資対象となりうる物件は、都心で主要路線近郊に集中するので、資金さえ用意できれば、不動産投資でリターンを得ることは比較的予測が立てやすい領域と考えられます。


http://www.kyodonews.jp/saiyou/newemployee/
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13121576993
http://www.sankei.com/premium/news/151030/prm1510300016-n1.html

静岡の一戸建て技術のご紹介です。

東京の注文住宅の新しい情報です。

川崎の不動産情報を簡単に調べられます。

奈良の注文住宅なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

あなたに合った条件で灘区の賃貸について説明致します。